渋谷とっておき!!ホーム 渋谷区猿楽町1-3
ユガテビル
03-5428-5533

18:00〜25:00
(土 〜23:00) 日休

大きな地図で表示




先日、タレントの小池栄子と結婚したプロレスラー・
坂田亘がオーナーの店。

ただ、単なるタレントショップとしてではなく、しっかり
したスタッフを揃え、確かな技に裏打ちされた料理を
目指そうという本格的な和の店です。

ここにはだいぶ前にランチで行ったあと、もう一度夜に
行かなければと思っていました。しかしなにしろ駅から
遠く、もし入れなかった場合に周囲に代わる店がない
こともあってなかなか足が向きませんでした。
実際、一度行って満席だと断られてさまよったことも
ありましたし。

この店があるのは渋谷の南のはずれ。
並木橋の交差点から西に代官山へと向かう道路が
山手線を越えてすぐ横。渋谷駅南口から歩いて10分、
代官山駅からも10分といった感覚の場所にある
ユニークな外観の建物にこの店はあります。

外観はユニークですが、のれんをくぐると正統派の
和食の店のたたずまい。左に大きなカウンターがあり、
右にはテーブル席、間を通って奥の階段を登ると
2階には暗めにまとめられた空間が広がります。
座席総数36と、キャパシティが小さいのは意外です。

料理は魚と鶏がふたつの柱。
魚はとくに青魚のサバ、アジがメインで、刺身をはじめ
なめろうなどの肴なども充実しています。

鶏も、名古屋風の手羽先の唐揚げをメインにいくつか
揃っています。おいしかったのは「軟骨の唐揚げ」。
硬めの衣が軟骨のコリコリ感によく合っています。
もともと、軟骨の唐揚げというものは広島のローカル
メニューだったのですが、いつの間にか全国区に
なってしまいました。これもコンビニのおかげなの
でしょう。

定番のほか、旬のものもたくさん揃えられています。
その「本日のおすすめ」に「竹の子一本 刺身」とあった
ので頼んでみました。

筍は掘るとすぐにアクが出てエグ味が強くなるので、
生の刺身は産地でなければなかなか食べられません。
以前、伊万里の窯元によく遊びに行っていたとき、
裏の竹林から掘ったばかりの筍の刺身をごちそうに
なったことがありますが、シャキシャキした歯ごたえと
むせるような青い香りは忘れられません。

ところが、今回出てきた「刺身」はゆでたもの。
刺身を出すというからには特別な仕入れルートでも
あるのかと期待したのですが、ゆでた筍を刺身として
出すのでは、まるで詐欺です。

また、酒はいいものを揃えているのもわかるのですが
冷酒のみのグラス売りが基本で、わずかに揃えられた
四合瓶がなぜか不当に高いのが気になりました。
もう少し心置きなく楽しく飲めるよう配慮してくれると
嬉しいのですが。

もう少しコストパフォーマンスがいいと通いつめたく
なる店になるのでしょうが、それでも刺身の魚は
鮮度がよいものを使うなど良心的。

まあ、ちょっと高いな、と思うくらいが「話題性」という
付加価値というものなのかもしれません。



造り盛り合わせ
写真はおまかせの2人前



渋谷の端っこにある
ユニークな建物の1・2階


手羽先唐揚げ
名古屋風ということで甘辛いたれ



アジのなめろう
ミンチというよりサイの目といった感じ


たけのこ一本刺身
刺身と言いつつ、ゆでたものが出てきた


和牛白センマイ
ごま油であえたものを酢みそで食べる



関サバ刺し 1,680円〜 関アジ刺し 1,450円〜 造り盛り合わせ 1人前2,000円〜
手羽先の唐揚げ 600円 手羽ギョーザ 600円 新じゃが揚げと旬菜のお浸し 900円
鳥軟骨の唐揚げ 750円 アジのなめろう 800円 だし巻き玉子 850円
そら豆 塩茹で・塩焼き 950円 珍味盛り合わせ 1,300円 生キクラゲと青野菜 850円



このページのURL:
http://www.totteoki.jp/shibuya/wataru.htm


2008・4