新宿区新宿5-10-10
ファーストNYビル1F
03-3353-3532


11:00〜15:00
17:00〜22:00 無休(元日休)

大きな地図で表示


この店でぜひ食べてほしいのは、
「水餃子」と「じゃがいもの冷菜」と「大根餅」。

とくに水餃子は皮が手づくりで厚め。もちもちぷりぷり
という感触がうれしく、具は甘味があってジューシー。
この甘さは卵が入っているからなのかわからないの
ですが、凝縮された味がほとばしるような食感は、
これだけ中国料理の水準が高くなった東京でも
なかなか味わえるものではありません。

「まずは何も付けないで食べてください」というのが
この店で水餃子を頼んだときに必ず言われるセリフ
ですが、まあそれはおいしい水餃子に共通するもの。

これに匹敵する水餃子は、広島の「メリさん家」
幡ヶ谷の「ニイハオ」くらいのものでしょうか。

そして「じゃがいもの冷菜」は細く切り揃えられた
じゃがいもを鶏ガラスープで味付け、ごま油で香りを
添えたもの。単純ではありますが、じゃがいもの
ほのかな、しかしふくよかな味がふわっと口のなかに
広がる喜びはなかなか言葉で表現できないほど。

荻窪の「北京遊膳」の名物「大根とくらげの冷菜」に
優るとも劣らない冷菜の名品と言えるのではないで
しょうか。

そして「大根餅」。
多くの大根餅があの名古屋名物の「ういろう」のような
糊状の塊であるのに対し、この店の大根餅は外側が
少し焦げる程度までカリカリ。対して中はもちもちの
食感。大根の甘味がほんのり香るこの一品もまた
記憶に残るおいしさです。


場所は都営新宿線新宿三丁目駅の東端から地上に
上って北上。靖国通りを渡り伊勢丹パーキング裏の
2本目にある細い通り。小さな飲食店が軒を連ねる
この楽しい通りの中ほどにあります。

この店の基礎となる料理は山東料理ということで、
全体の味のベースとなっているのは塩味。

干し豆腐の細切りなど、同じ山東料理である四谷の
「済南賓館」を思い起こさせる料理が多いのですが、
「済南賓館」がある意味中国料理らしからぬ気品を
備えた伝説の料理といった感じで高価であるのに対し、
こちらのほうはより一般的な中国料理として、万人に
受け入れられやすい料理と言えるでしょう。


もちろん山東料理だけではなく、担担麺やいわゆる
ジャージャー麺(炸醤麺)に広東風焼そばなどもあり、
おこげやカシューナッツの炒めなど定番料理はみな
水準以上においしく、味濃いめの野菜入りお粥も
量たっぷりでお得感もしっかり。
日替わりランチも700円とリーズナブルです。


少人数のランチからちょっとしたグループでの飲み会
まで、様々なシチュエーションでおいしくて本格的な
中国料理を楽しめるという便利な店。

ぜひ一度足を運んで、店自慢の料理に舌鼓を打って
みてください。


もちもちぷりぷりの水餃子



「じゃがいもの冷菜」は
淡白な味わいだが滋味深い



外はカリカリ、中はもちもち
こんな大根餅はなかなかない



伊勢丹パーキングの2本裏
飲食店が並ぶ細い路地の真ん中にある


山東料理の一品
「干し豆腐の細切り」はまるで麺のよう


目の前での「ジャーッ」がうれしい
おこげ


【ランチ】 日替わり各種 700円から

水餃子(6個) 520円 焼き餃子(6個) 520円 大根もち 580円
担担麺 780円 玉子スープ 820円 野菜入りお粥 780円


このページのURL:
http://www.totteoki.jp/shibuya/toujunei.htm


2008・7