渋谷区道玄坂2-7-6
03-3464-8220
地図はここ

この「渋谷とっておき!!」には“ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド”という
サブタイトルがついていますが、この店はおいしいから取り上げる訳ではありません。
渋谷にもこんな店がある、ということを知ってもらいたくて特別に紹介します。

この店、以前は道玄坂と文化村通りをつなぐ細い路地「道玄坂小路」にあったんですが、
最近、マークシティ(というより井の頭線のガード下と言うほうがふさわしい)の近くに
移転してきました。8人ほどの小さなカウンターと奥に小さな座敷があるだけの
小さな店です。

移転する前はもうふたまわりほど店も大きく、焼き鳥や炒めものがある
“すごく安くてまあまあの店”だったんですが、移転してからはメニューが激減、
簡単なつまみが中心のまるで「立ち飲み」のメニューになってしまいました。

なかでも極めつけは「缶詰類 300円」。
ニューコンビーフだのツナだの蒲焼きだのの缶詰がカウンターの上に鎮座し、
それを皿の上に乗せて出してくれるという、超簡単メニューです。

昔、通っていた高校の近くに、袋もののラーメンを作ってくれて150円、という店が
ありましたが、まさにそんな感じ。記憶の彼方、歴史の彼方から呼び戻されて
きたような店です。

ビール2杯に煮込みとメザシで、しめて1470円。
人生のほろ苦さを噛みしめながら、酒をあおるには最高の場所ではないでしょうか。



壁のメニュー・一番右に「缶詰(各種)」

「らっきょう&生姜」と「サバの味噌煮缶」

古き良き時代そのままの「ナポリタン」


後日談:
その後、日経の編集委員、野瀬泰申さんと出会い、「渋谷をおやじの手に」運動を
始めたのですが、その際、野瀬さんの琴線に触れたのはこの店でした。
野瀬さんは「缶詰類300円」に感動し、サバの味噌煮缶を独り占めして楽しみ、
ポテトサラダが自家製で、味付けが濃いのにも喜び、さらに「ナポリタン」が
昔ながらのベタベタのやつで、しかも魚肉ソーセージが入っていたことに
狂喜乱舞していらっしゃいました。
以来、この店は「渋谷をおやじの手に」運動のアジトとして活躍することになります。


缶詰類 300円
煮込み シシャモ うるめ めざし さつま揚げ ポテトサラダ しらすおろし 300円
エイヒレ 400円 稲庭うどん ナポリタン 500円
ビール 400円 サワー類 350円 日本酒 300円


このページのURL:
http://www.totteoki.jp/shibuya/torisumi.htm


2004.1更新