渋谷とっておき!!ホーム 渋谷区神泉町20-23
03-3780-4450

11:00〜27:00

(スープ終了まで)
不定休

大きな地図で表示





そういえば、この店の看板を見て


「いわ?」

と読んだ知り合いの女性がいました。

百年の恋もいっぺんに冷める、というのは
こういう体験を言うのでしょう。


この店は開店した当時から知っていますが、
当時はまだとんこつラーメン全盛時代。
「一風堂」の河原成美さんの元で修行した弟子が
開いた店ということで、かなり話題になりました。

しかし正直、場所があまりよくないのです。
山手通りに面して店があるのですが、場所がちょうど
山手通りの旧道と新道を分ける陸橋の脇。車での
通りすがりで見つけることは考えにくい場所です。
また、電車で行くにしても井の頭線の神泉駅周辺は
複雑に路地が入り組んでいて、土地勘がないと
すぐにはたどり着けないでしょう。

さて、肝心のラーメンですが、「一風堂」よりもむしろ
正統派博多ラーメンにかなり近いと言っていいでしょう。

店内を支配するのは、むっと来るほどの豚骨の匂い。
博多にある「大砲ラーメン」のようなギトギト、コッテリの
スープを想像するあの匂いです。

しかし実際スープを飲んでみるとギトギトではなく、
そうコッテリでもありません。長時間煮込んだ白濁の
スープなのですが、脂分やアクがきれいに抜けていて
コラーゲンとうま味だけが残ったような感じ。
ちょっと塩味が強すぎる気がするのが残念でしょうか。

麺は細麺と太麺が選べますが、細麺はいたって普通の
博多の麺。硬めで注文すると小麦粉の味しかしない、
あのストレートの麺です。やはりとんこつスープには
この麺しかないでしょう。

ただ、チャーシューはちょっと脂っぽくて抵抗感が
あります。本場・博多のようにパサパサ、とまでは
いかなくてももうちょっとあっさりした感じだといいのに、
と思いました。

とにかく、スープは出色のできばえで、うまみ十分。
その肌色の美しさに見とれてしまいそうです。
もうちょっといい場所を見つけていれば、ひと時代を
築けた店かもしれません。



「いわ」ではなく「とりで」


木を多用した外観


肌色のスープが美しい


長時間煮込んでいるが
意外にあっさりしたスープ

肉もやし



砦ラーメン 700円 肉増し 900円 のり半熟玉子 850円
肉もやし850円 替え玉 150円
白いごはん 200円 おにぎり 200円


このページのURL:
http://www.totteoki.jp/shibuya/toride.htm


2004・11