大きな地図で見る

詳細は店名をクリック!!
サラブレッドの故郷、北海道日高地方を代表する蕎麦の店。
ぶちぶち、真っ黒の田舎蕎麦を、コクのあるつゆでどうぞ。
つい数年前まで世界で唯一だったというアイヌ料理専門店。
オハウという汁物などやさしい味のアイヌ料理にぜひ挑戦を。
名物・ワカサギの天ぷらは衣はかりっとしていてサクサク、
身がほこほことしておいしい。楽しくなるこの食感をぜひ。
日高周辺で最高のラーメンとして人気を誇ったラーメンの店。
高速道路を途中で下りてでも、天塩ラーメンは味わってほしい。
釧路の繁華街にある、独自のたれで焼いたつぶ貝が名物の店。
名物というだけあってとてもおいしく、5個850円も安く感じる。

 

大きな地図で見る

詳細は店名をクリック!!
沖縄の魚の底力を知ることができる店。とくに鰆はすばらしい。
主人の出身地・大東島に伝わるヅケの文化と沖縄の魚が融合。
こってり、たっぷりの沖縄そばとは一線を画す上品なそば。
沖縄に行った際には、並んででも食べてみるべし。
沖縄で安くたくさん食べたくなったらこの店へ。店はきれいで
なくても、昔ながらの安いステーキがここには残っている。
こってりした沖縄料理に飽きた舌にはタイカレーは新鮮。
テラスからエメラルドグリーンの海が一望できるロケーション。
“幻の豚”沖縄在来種の黒豚「アグー」を食べられる店。
付近の素晴らしい景色とセットで、ドライブにどうぞ。
時代が置き忘れて行った雰囲気の栄町市場にある店。
ナーベラーチャンプルが懐かしいような味でおいしい。
夜、栄町市場のなかで屋台のようにして食べる水餃子。
たぶん、沖縄にはこれに匹敵する水餃子はないと思う。
 


大きな地図で見る

詳細は店名をクリック!!
広島の一部地域で愛されるソウルフード・ホルモン天ぷら。
私自身が、広島でいちばんおいしいと思う料理をぜひ。
王、長嶋、松井。日本球界を代表するスーパースターたちが
広島に遠征で来るたびにお忍びで通い続けた店。
おいしい肉を食べたい、というとき真っ先に名前が挙がる店。
生肉、ステーキ、いろいろな燻製、そして「もやし」もぜひ。
ウニとクレソンを鉄板で炒めたウニクレソンが意外なおいしさ。
想像を絶するきたなさの店だが、常に満席なのはその味ゆえ。
瀬戸貝釜飯はこれまで食べたことないほど滋味溢れる。
これを食べるためだけにこの島に行くだけの価値あり。
きちんと一体化された、さくっとした印象の広島風お好み焼き。
率直に言って、この店で食べれば広島風は制覇したも同じ。
小さな古い店で提供されるのは5,000円のコース一種類だけ。
しかし13品のおいしい料理に飲み放題がつくという、驚きの店。
これを食べるためだけに宮島へ渡るだけの価値あるあなごめし。
煮込まず、じっくりと焼き上げた穴子は、他の店とは次元が違う。
瀬戸内海西部の周防大島周辺は、昔から知られた良質の漁場。
「親父が釣った魚定食」はその幸をお手頃価格で堪能できる。


詳細は店名をクリック!!
本格的な中国料理をはじめ、様々な料理が楽しめる居酒屋。
元商社マンで昼間は船頭という主人の話でゆっくりとくつろげる。
東京でもそのまま通用するほどの洗練された味わいのそば。
十割なのにのど越しがよく、辛めのつゆも味を引き締めている。
 


詳細は店名をクリック!!
これほどの店がなぜこんなところに、とつぶやくほどの店。
魚料理はもとより、手間隙かけた和食の小品が素晴らしい。