著者近影


私自身が「よい」と思う店だけを載せます。

こうした飲食店の批評ページは、ともするとくさしたり、けなしたりするだけの
場になってしまいがちです。たしかに、天下に知らしめたいほどヒドい店は
たくさんあります。でも、それはやっぱり悪口でしかありません。

ですから、このページでは「私が好きな店」「私がおいしいと思う店」だけを
載せます。もちろん味覚は様々ですから、私が好きな店が必ずみなさんの
口にあうとは思えません。

しかし、頑張っている「まっとうな店」を応援したいのです。



判断は、原則2回以上行ってから。

よく、こうしたページではたった一回だけの印象で書かれたな、とわかる
文章があります。しかし、人間の味覚は体調によって大きく左右されることを
ご存じですよね。たとえば、同じ銘柄のビールをおいしく感じるかどうかは、
体調によって変わるのです。たまたま、味覚が鈍かった日に来て、偉そうに
文句を言われたんじゃ、お店の方もたまったもんじゃありません。

味覚とは、そうした不安定・不確実なものであることをわきまえた上で、
紹介していきたいと思います。

ですから、このページに紹介する店は原則として2回以上行ったものにします。
ただし、なんらかの事情(あすにでも店がつぶれてしまいそう、とか)で
すぐにでもお知らせしたいほどのお店の場合や、「旅先編」の場合は
1回に省略させていただくこともあります。



数を追わず、内容を追います。


渋谷とっておき!!では、掲載する店の数をやみくもに増やしたりはしません。
私の方針として、手当たり次第に店に入るようなことはしたくないからです。
だって、私はホームページのために生きているわけじゃありませんから。

なじみの、好きな店にたくさん行きながら、そのうえで気になった店があれば
そこを開拓し、おいしければ紹介していきたい、と考えています。



大手チェーン店は評価しません。


外食というとつい、ファミリーレストランやファストフードなど、大手チェーン店に
入ってしまいます。たしかに、全国ブランドならば大きなハズレはないだろう、
という安心感がありますし、ある程度のサービスも期待できるでしょう。
私自身も実際にこうした店をときどき利用しています。

でも、その料理には驚きがないのです。セントラルキッチンで作られた食材に、
軽く手を加えればできる料理。マニュアルに従ってればできる接客。
そうしたものを評価しても、それはどこか虚しいものではないでしょうか。

そのひとでなければ作れない料理。そこでなければ受けられないサービス。
ここは、そうした“頑張るお店”を応援するページでありたいと思います。



文章は短めにします。


ホームページって、自己陶酔に陥りやすい場所なんでしょうか。
以前あるグルメサイトを読んでいて呆れたのが、ある旅館を自分の結婚式に
使ったということだけを延々と自慢げに書き綴っている、というのがありました。
どうも文化人気取りの田舎者に限ってだらだらとどうでもいいことを
書き綴る傾向があるように感じます。

ですから、このページ簡潔な文章、わかりやすい表現を心がけていきます。
「なんかいい店ないかな…」にすぐに応えられることがいつまでも目標です。