渋谷とっておき!!ホーム 中野区
東中野2-25-6
03-3371-3750

17:00〜23:30
(日祝〜22:30)
無休

大きな地図で表示





「中野区東中野の羊の鉄鍋とラグマン」。

「孤独のグルメ Season3」に出てきたのを見て、
翌日すぐオフ会の会場として予約しました。


東中野の駅前にあるこの店。この街は2年程前に
よく通っていたために、不思議な店だなと気になって
いました。ただ、1度ドアを開けてみたもののいきなり
薄暗い空間に民芸品が並ぶその雰囲気に圧倒され
踵を返してしまいました。

また、このころ店先の屋台風の部分で朝粥の営業を
やっていたため、いつか食べたいと思っていましたが
あまり定着しなかったのでしょう、いつの間にかなく
なってしまっていました。

“気になっているけど入る機会に恵まれなかった店”。

それが「孤独のグルメ」で取り上げられたのですから
即座にオフ会決行です。


頼んだのは「テレビに出ていたメニューを中心に、
料理だけで4,000円」のコース仕立て。なかでも羊の
鉄鍋「カラヒィ」と濃い味混ぜ麺「ラグマン」、そして
「ラムロースのたたき」を必須でお願いしました。

出てきたのは計13品。ちょっとすごい内容でした。
しかもみなおいしい。


最初に出てきた自家製チーズ「パニール」はふんわり
柔らかな歯触り。味もマイルドです。

「ラムロースのたたき」はほぼ生肉というのに臭みが
まったく感じられず、肉からしみだすうま味と甘みが
堪能できます。玉ネギと万能ねぎとの相性も良し。

とくにおいしかったのは「ラムのからし炒め」。
ラム独特の濃厚なうま味が多めの油と絡み合い、
ふわっとしたカレー風の辛さと溶け合っています。
これはご飯に乗せて食べたかった一品です。

カバブも遠火でゆっくり炙ったもの。
一口噛めばたっぷりの肉汁が口のなかにあふれ出し
羊肉のうまみを堪能できます。これほどのカバブは
初めてかもしれません。

そして「羊のカラヒィ」。カラヒィとはアフガニスタンや
パキスタンで使われる、底が丸い鉄鍋のこと。
日本でいう鍋料理の総称といった感じでしょうか。

濃厚なソースで煮こまれた羊の鍋は辛さや甘さが
混然一体となったうまさ。全粒粉入りナンとの相性も
抜群です。また「鶏のカラヒィ」も出ましたが、これは
またとろみのあるスープで、別のおいしさを堪能でき
ました。

とどめは「ラグマン」。
ここまででかなりお腹いっぱいの我々の前に容赦なく
登場したのは、ひと言で言うと「アフガン風担々麺」。
ほどよい辛さのタレとひき肉に自家製のパスタ風の
麺がよくからみ、口のなかでぷるんっと踊るかのよう。
辛さとうま味の調和がとれたまさに汁なし担々麺です。

ここまで13品。

今回はけっこう鯨飲馬食の集まりだったのですが、
みなここでギブアップ。デザートを注文するどころか
余ったものを持って帰れるものなら帰りたいと思った
ほどでした。

とにかく、想像を超えたおいしさと量に皆、大満足と
なりました。


ところで、我々がどんちゃん騒ぎしている傍らで、
ずっと席が空くのを待っていた人々がいました。
なかでも、エキゾチックな顔立ちの女の子の視線が
とくに痛く感じました。

彼女たちにしてみれば「この店は私たちが普段の
食事に使い、守ってきた店なのに、ちょっとテレビに
出たからって日本人が大挙して押し寄せてきて、
いい迷惑だわ。」なんて気持ちだったのでしょうか。
その点はちょっと申し訳ない気もしました。

メディア、とくにテレビによって店が紹介されると
人気が沸騰、たちまち行列ができてしまいます。

しかしその人気は瞬間湯沸かし器のようなもの。
1か月もすると冷めてしまい、すぐに元に戻ってしまい
ます。ただ、元に戻るだけならいいのですが、店が
この間に天狗になってしまい、それまで店を支えて
きた客にそっぽを向かれてしまうようになると一気に
店が傾いてしまうことも。

私たちができるのは、いい店だと思ったらちゃんと
また来ること。店が長続きするようわずかでも応援し
続けることなのでしょうね。

ぜひ行ってみてください。


「羊肉のカラヒィ」




「ラグマン」
アフガン風汁なし担々麺といった感じ


道路に面して屋台風のカウンターもある


自家製チーズ「パニール」
ふわふわと柔らかくあっさりとした味


「ラムロースのたたき」
これもまた臭みがなく
肉のうま味と甘みが堪能できる


「ラムのからし炒め」
羊肉のうま味が凝縮されおいしかった


「カバブ」
臭みがなくうまみぎっしり



混ぜたラグマン
辛さとうま味が混然一体



店内もまた異国情緒にあふれている






羊肉のカラヒィ 880円 自家製麺のラグマン M;850円 L:1,000円 ラムのからし炒め 1,050円
カバブ 300円 コフタ 300円 チェルガ300円
ラムロースのたたき 880円 パシュトゥンカラヒィ 2,000円
自家製チーズ パニール 650円

生ビール 600円


このページのURL:
http://www.totteoki.jp/shibuya/sarai.htm


2013・8