渋谷とっておき!!ホーム 渋谷区宇田川町10-2
新東京ビル1F

03-6416-1970

11:45〜14:00
(平日)
18:00〜23:30
日休

大きな地図で表示





ここにはたしか、ネパール料理の店がありました。

「のうろばんさ」という名の。

どうやらその閉店後、居抜きでそのまま入ったようで
壁は紫色で天井近くは曼陀羅のような幾何学模様の
派手な壁紙。ほかにも燭台やたぶんネパール王家の
肖像が飾られていたであろう金属製の額があったりと
なかなかにしてエキゾチックな焼鳥屋です。

東急ハンズ横の井の頭通りをNHK方面に少し進んで
右に入っていく路地のいちばん奥。路地というより
都市のエアポケットともいうべき怪しげな場所の突き
当たりにある古いビルの一階です。
路地の入口に立て看板を置いているものの、はたして
ここまでたどり着く勇気をどれほどのひとが持っている
か不安に感じるほどの場所です。

繰り返しになりますがここは焼鳥屋。もしくは鶏料理店。

とくに自信作はチキン南蛮のようで、店内の黒板には
“絶対にまた食べたくなる!宇田川で評判の”との
売り文句が掲げられています。

このチキン南蛮、ひとことで言うとちょっとすっきり。

本場・宮崎ならばコテコテに甘くて酸っぱくて、くどく
感じられるほどの甘酢があまり効いていません。
タルタルソースもマヨネーズベトベトではなく、具も
野菜中心でさらっとした味わい。
なかなかとっつきやすいチキン南蛮となっています。

ただ、もも肉一枚どーん!といった本場の豪快さも
控えられ、一口サイズのいわば唐揚げが4、5個と
いう形。食べはじめはタルタルソースに隠れている
ので、実は一枚肉ではなく一口サイズであることは
食べ進んで初めて気づくことになります。ちょっと
そこがショックでしょうか。

しかし鶏肉にこだわりがあると言う通り、肉の臭みは
あまり感じられず、うま味も濃厚。ひと口サイズは、
質と量のバランスの結果なのでしょう。


別の日に食べた「牛ハラミの炭火焼定食」は、濃い
味のたれをからませての焼き具合がしっかりしていて
添えられたかいわれ大根や赤玉ねぎなどの香味野菜
とのバランスもよくなかなかのもの。さらに柚子ごしょう
も添えられるなど凝っています。

量そのものはそれほどではないのですが、味で
ごはんを進ませる形となっています。

最初に書いたように、ネパール料理店当時そのままの
内装を利用しているため、最初かなり異様な雰囲気を
感じてしまいますが、焼き具合は味付けはきっちりと
したプロのそれ。

この細い路地の奥で、とくに夜どれほどの人々を吸い
よせられるかわかりませんが、一度ふらっと訪れて
みる価値はあると言えるでしょう。


ひとことで言うと、
“ちょっとすっきり”のチキン南蛮


壁が紫で幾何学模様の派手な壁紙
ネパール料理店の名残か


“絶対にまた食べたくなる!”
相当の自信作らしいチキン南蛮


タルタルソースに隠されて
一口サイズであることは最初わからない


ランチタイムのチキン南蛮定食は
ごはんと味噌汁と漬物だけという
非常にシンプルなもの


「牛ハラミの炭火焼定食」
香味野菜との組み合わせがいい




【ランチ】 チキン南蛮定食 850円 牛ハラミの炭火焼定食 1,000円


地鶏の炭火焼 親鶏 1,050円 ハーフ 580円 若鶏 950円 ハーフ 560円
ハツ・砂肝・レバー・ささみ・せせり・なんこつ 各450円
榛名地鶏のたたき 680円 レバーのたたき 480円 ささみのたたき 530円
チキン南蛮 800円 大根ときゅうりのサラダ 580円
地鶏のコロッケ 650円 砂肝の唐揚げ 500円 冷や汁 580円 地鶏の親子丼 800円

生ビール 550円



このページのURL:
http://www.totteoki.jp/shibuya/koshitantan.htm


2010・4