渋谷区渋谷3-9-10
KDCビルB1
03-5485-1123

11:30〜22:30
無休
地図はここ

昔はこうだったっけ?
そう首をかしげてしまいました。

味の問題ではぜんぜんありません。
味はむしろ、昔よりもよくなった気がするのです。

昔むかしその昔、私がWINSに通っていた頃に
この店には何回か入ったことがありますが、
そのときにはこんなシステムの店じゃなかったと
思うのです。

そのシステムとは、
△衝立のようにバカでかいメニュー
△ひとり客でも、ボウル一杯に盛られて出てくるサラダ
△目の前に常に置いてある4種類の漬け物。
△前菜(?)のモヤシの鉄板焼き

とくにモヤシの鉄板焼きは、その名の通り
ただのモヤシに醤油味をつけて鉄板で焼いたもの。
なんでこんなものに手間と人件費、洗浄のコストを
かけるのかがまったく不可解なのです。
もちろん、さしてうまいわけでもないし。

また、4種類の漬け物にしても、扇状の浅い皿に
ザーサイ、キムチや大根漬けなどが盛りつけてあり、
“放置”されているよう。
もうちょっと工夫がほしい感じです。


それでも、この店のカツはひと味違います。

とくに感心したのが「豚手ごねカツ」。
いわゆるメンチカツなのですが、メンチカツがまさに
ミンチを使うのに対し、ここの「豚手ごねカツ」は
ブツ切り、みじん切りといった大きさの肉が混ざり、
食感がいいのです。

味もまた、ミンチ独特の臭みがなく、火の通りが
柔らかいこともあってジューシー。
ランチメニューで定食が1150円と高めではありますが、
上記のいろいろな付け合わせを考えても納得できる
ものと言えるでしょう。

また、通常メニューであるロースカツも厚く大きめ。
食欲旺盛な大人の男でもじゅうぶんな量はあります。

梅昆布茶をまぶしたかのような味のシソのごはんと
赤だしの味噌汁はおかわり自由。
こういったところは、“トンカツ屋の王道”をそのまま
行っていてありがたいのですが、ごはんは白ごはんも
選べると嬉しいですし、炊き方ももうちょっと硬めで
いいのではないかという気がします。

ともあれ、古い民家を解体した木材で作ったような
重厚な内装もユニーク。

その内装を見るだけでも、一度は行ってみる価値が
ある店だと言えるでしょう。

もちろん、おいしいカツを味わいに。




まるで衝立のようにでかいメニュー


左のボウルがサラダ
右が漬物四種


モヤシの鉄板焼き


豚手ごねカツ


手のひらいっぱいくらいの大きさのカツ




【日替わりランチ】豚手ごねカツ定食、かつ丼、唐揚げスタミナ定食など 1150円 
ロースカツ定食 1,900円 特上ロースかつ定食2400円



このページのURL:
http://www.totteoki.jp/shibuya/katsukichi.htm


2004・11