渋谷とっておき!!ホーム 渋谷区桜丘町24-8
03-3464-6767

11:30〜14:00

17:30〜23:30
日祝休

大きな地図で表示




上の写真はある日のランチ「かつお月見丼」です。

鰹の切り身が乗ったあつあつのごはんの上に、卵の
黄身をだしで溶いてかけて食べるもの。
薄めで甘いだしと卵の相性がとても良く、質のいい
鰹とのあっさり・さわやかな組み合わせとなっています。

これに切り干し大根の小鉢、みそ汁、漬物がついて
900円は、鰹の質からすればじゅうぶんにお得で
納得できるものです。


しかしまあ、やっとこの店のランチで納得いくメニューに
めぐりあいました。

渋谷駅から246をはさんで南西に広がる桜丘町。
その象徴とも言うべき桜坂を登りつめた場所の角、
ビルの半地下に位置するこの店は「魚屋直営」を
名乗りながらも、ことランチにおいては不思議な店
でした。

というのも、日替わりが三種用意されるのですが、
一種は刺身の盛り合わせ、一種は洋食のとくにフライ
もの、そしてもう一種はパスタという組み合わせ。
魚屋直営といいながら魚は刺身しか選べないのです。

しかもこの刺身、○種盛りと称して一切れか二切れ
ずつちょこんと盛られて出てきます。もちろんそれは
それで嬉しいのですが、昼なお暗い店内では何が
何やらわからないまま口に入れ、頭に「???」を
抱えたままあとにする形になっていました。

一方で洋食のほうは、黒豚のカツなど量は少なめな
ものの味もよく、とても真面目。

ですが、「魚屋直営」を掲げる店でなぜとんかつを
食べねばならん、という疑問がまた頭から離れません。
パスタにいたっては食べるまでもありません。

たしかにいまの時代、魚だけのメニューではとくに
若い世代の客にアピールしにくいのかもしれませんが
だからといってランチで刺身だけというのはさすがに
店の看板が泣きます。

そういう意味で、今回の「かつお月見丼」の登場は
うれしい変化と言えるでしょう。


先ほども書いたように、店はビルの半地下にあり、
16畳ほどの広いとは言えない店内には長椅子と
長テーブルが所狭しと並べられています。
人気のある店のようですから、夜もたぶんほとんど
相席状態で運用されているのでしょう。
軒先には8人ほど座れるオープンエアの席がある
ので、そこが狙い目ですが、春秋の過ごしやすい
季節には予約での争奪戦になることでしょう。


これまで何度もランチに行き、そのたびに掲げられた
「魚屋直営」の看板との違いに「?」が消えません
でしたが、やっと夜行くのが楽しみになってきました。



ある日のランチ「かつお月見丼」
鰹の質のよさが素人目にもわかる


卵の黄身をだしで溶いて丼にかける


もうひとつの名物「揚げ茄子」
これが絶妙においしい



刺身盛り合わせ
写真では明るさを加工したが
実際の店内ではこんなに見えない


ある日のランチ「黒豚のとんかつ」
肉質もよく真面目に作られている


店先にオープンエアの席もあるが
ほとんどの席は暗い店内に




【ランチ】 刺身盛り合わせ 1,000円 ほか



このページのURL:
http://www.totteoki.jp/shibuya/kasube.htm


2009・9