渋谷とっておき!!ホーム 新宿区西新宿1-2-10
03-3344-3820


24時間
土 〜26:00
日休

大きな地図で表示




新宿西口の思いで横丁(しょんべん横丁)にある
この小さなそば屋をなんと呼ぶか。

たぶん10人中9人までが「立ち食いそば」と呼ぶこと
でしょう。

客が皆、椅子に座って食べてるにも関わらず、です。

人間というのものは、物事をちゃんと見ているようで
実は先入観やイメージにとらわれて何も見ていない
ことを示す好例、と言ったら言いすぎでしょうか。

「立ち食いそば」というジャンルは不思議なもの。
生麺や冷凍麺、さらには自家製麺を謳う店まで
あるというのに、そんな努力は見向きもされず皆
「立ち食い」でひとくくりにされてしまうのですから
かわいそうですらあります。

たしかに、手打ちや二八、十割といったこだわりを
見せるいわゆる本格的な店に比べれば、こうした
店は小麦粉の割合がそば粉よりも多かったりして
「色の黒いうどん」と呼んだほうがいいようなものが
多いのですが、つゆにかけてはかなり頑張って
いる店もあり、けっして侮れる存在ではありません。

この店のつゆもそう。

関東だけあってかなりの辛めではありますが、
鰹節の風味が強く出ていてなかなか本格的。
時間をかけずにぱっとすすって立ち去る、いわゆる
「立ち食い」スタイルからして、こうしたインパクトの
ある味は合っている気がします。

一方で、麺は値段を考えれば上々ですが、やはり
純粋に蕎麦として考えれば不満が残ります。

この店の名物に、かき揚げと温泉卵が添えられる
「天玉そば」がありますが、この夏の猛暑でつい
冷たい蕎麦で頼んでみたところ、さすがに蕎麦の
素性がさらけだされてしまい、ちょっとがっかりして
しまいました。

やはり「天玉そば」をはじめ、この店の蕎麦はうまい
つゆとともに食べなければと実感しました。

話は前後しますがこの「天玉そば」、かき揚げは
珍しくにんじんが多め。玉ねぎ、春菊が入り、店で
揚げるためあつあつのサクサク。ただちょっと
冷めるとぼってりした感じ出てしまいますので、
急いで食べてしまいましょう。

朝の出勤時間。ひとけのなくなったしょんべん横丁で
唯一、多くの人々が集い、せわしなくそばをすすって
立ち去っていく場所。

新宿に朝、降り立った時には、ぜひ立ち寄って
一日の活力を充填していってほしい店です。



この店の名物「天玉そば」
鰹節が効いた辛めのつゆがおいしい



みんな座って食べているのに
「立ち食い」とはこれいかに


朝の光のなか静まり返った
思いで横丁(しょんべん横丁)


猛暑に負けてつい頼んでしまった
天玉そばの冷やし


冷たい蕎麦ではやはり
素性がさらけだされてきつい


にんじんが多めのかき揚げ
揚げたてのサクサクの時を食べたい




天玉そば 380円 天ぷらそば 330円 きつねそば 290円
たぬきそば 280円 かけそば 250円



このページのURL:
http://www.totteoki.jp/shibuya/kameya.htm


2010・10