渋谷とっておき!!ホーム 小笠原村父島字東町


10:00〜14:00ごろ
休み:おがさわら丸出港翌日

大きな地図で表示




この店は、2年前のオープン直後から知っていて、
なかでもパパイヤチキンカレーはとてもおいしく
お勧めだったのですが、当時は店名がどこにも
表示されていなかったために紹介しようにも紹介
できず困っていました。

今回やっと名前がわかった「五六助」。
以前、この島のホテルで働いていたという男性が
独立して始めたこの弁当の店はすっかり島に定着。
島民はみんなが知っている人気店になっていました。
ただ、観光協会に加盟してないためにガイドブック
などには載らず、観光客にとってはまだまだ知られて
いません。


メニューは「パパイヤチキンカレー」「オムライス」、
それに390円の「サンキュー弁当」がメイン。このほか
「他人丼」「ステーキ弁当」「スパム丼」「島寿司」など
ちょっと統一感に欠けるラインナップですが、それぞれ
特徴あるメニューで小笠原の人々の心をとらえて
います。


やはりお勧めは「パパイヤチキンカレー」(500円)。
パパイヤを青いうちに野菜としてふんだんに入れ、
ココナツミルクを使いながらもかなり辛めに仕上げた
このカレーは、父島にあっては珍しいエスニック料理。
ちょっと甘く、あとでカーッと来る辛さが、島の風土に
合っている気がします。

ただそのご飯の量たるや、2合は入っているのでは
ないかと思えるほど大量。女性ならこれひとつを
ふたりで分けると言いますから、よほどお腹がすいて
ない限り「ごはん少な目で」と注文したほうがいいです。


オムライスもまた容器からあふれんばかりの大盛り。
中のチキンライスがちょっと味が濃くて辛い気がしま
すが、これも500円とお得感は満点。ケチャップが
ちょっと酸っぱいのを改善してくれたら病みつきに
なる人がもっと増えることでしょう。

950円と、この店で最も高価な「ステーキ弁当」は、
ステーキもごはんもてんこ盛り。ステーキとごはん
以外はにんじんの細切りソテー(にんじんしりしり)と
玉子焼き一切れと漬物しかないシンプルさですが、
あふれんばかりのごはんに、通常の2枚分は優に
あろうかというほど山盛りのステーキには感動すら
覚えます。決していい肉ではなく、焼き加減もウェル
ダンに近いため硬さもありますが、このボリュームの
前には沈黙させられるような迫力があります。


メニューは限られるものの、なにを頼んでも破綻の
ないボリューム満点のお弁当。

ホエールウォッチングなどの島でのレジャーに持って
いくもよし、白い砂浜でぼーっとするときのおともにも
よし、様々に使える弁当屋として重宝すること間違い
なしのお店です。



パパイヤチキンカレー
さわやかな辛さが島では珍しい


父島のメインストリートのはずれだが
昼どきは行列ができる


容器いっぱい
あふれんばかりのオムライス


チキンライスは具が多いが
ご飯そのものの量も半端ではない


ステーキ弁当の調理中
見よこのごはんの量


ステーキ2枚分はあろうかという量が
山盛りのご飯の横に積み上げられている




オムライス 500円 ステーキ弁当 950円 サンキュー弁当 390円
パパイヤチキンカレー 500円 島寿司 500円 他人丼500円
アナゴ飯 500円 スパム丼 490円




このページのURL:
http://www.totteoki.jp/shibuya/tonton.htm


2010・7