渋谷とっておき!!ホーム 渋谷区
千駄ヶ谷4-29-11

03-5411-0070


11:30〜22:30
日休

大きな地図で表示





上の写真は「1日分の野菜カレー」。


厚生労働省が推奨する一日の摂取量、350gの野菜を
そのまま一食分にぶちま…、いや、盛り込んだ豪快な
カレーです。

オクラ、トマト、ズッキーニ、玉ねぎ、さつまいも、なす、
かぼちゃ、しいたけ、プチトマト…。
写真のものにはさらにオプションでつけた鶏の手羽先が
もぐり込んでいますが、なんともまあてんこ盛り。
根菜類でかなり重さを稼いでいるような気もしますが、
まあそこは一食分を一皿に収めるためにはしょうが
ないでしょう。

さてこの「1日分の野菜カレー」、味は意外にも薄め。

というより野菜をぶち込み…いや、投入しすぎたために
スープ(ルー)が少なく、そのためにカレー本来の
スパイシーな辛さが感じられないようなのです。
私なんか「3辛」(+60円)を頼んだにも関わらず
「???」と辛さを体感しないままでした。
野菜主体で、肉など動物性のものをあまり使ってない
こともコクの面などで関係するのかもしれません。

とはいえ、大量の野菜を食べた満足感は相当なもの。
動物性のものを使っていないこともあってあまり腹に
もたれず食べたあとも快適・快調です。

このメニュー、意外にも頼むのは男性が中心。
少なくとも私が店内で観察する限りはそうでした。
野菜=女性という先入観から、この結果には意外な
気がしましたが、考えてみると350gという量も量。
野菜を大量に食べる=健康、という安易な考えは
かえって男性受けするのかもしれません。

ほかにも「しゃきしゃきレタスとハーブ鶏カレー」など
野菜を基本にしたカレーを月替わりで提供しています。
具が違ってもスープは一種類のみのようですが、
野菜にバラエティがあるのと全体に味があまり強くない
ので、ときどき行っても飽きることはまずないでしょう。


なお、店名「キャンプ」にはかなりこだわりがあるようで、
スプーンはスコップ、フォークは熊手、そしてそれらが
入って提供されるのは兵式飯盒(はんごう)、水を提供
するのも懐かしいプラスチック製の水筒、さらには
スタッフの服装もボーイスカウト風という徹底ぶり。
この遊び心にはこちらまでうれしくなってしまいます。


共産党本部の目の前の小さな小さな店で、しかも隣に
巨大チェーン店・ココイチが鎮座するという環境ですが、
メニューのユニークさでこれからも頑張っていって
ほしいものです。




「1日分の野菜カレー」+手羽先
オクラ、プチトマト、ズッキーニ、ナスなど
350gもの野菜がてんこ盛り



スプーンなどは兵式飯盒(へいしきはんごう)
水はレトロなプラスチック水筒で


さらにスプーンはスコップ、フォークは熊手
キャンプ生活のイメージへのこだわりぶり


しゃきしゃきレタスとハーブ鶏カレー
レタスがてんこ盛りというカレーは
初めてだっが意外にいける



店内は大きなカウンターが占める


隣はココイチ




一日分の野菜カレー 990円 ナスと豚肉の旨味噌炒めカレー 890円
オクラと豆のスパイシーキーマカレー 890円 夏トマトとズッキーニのカレー 890円
オクラ、長芋、納豆のネバネバカレー 890円 トマトとバジルの鶏煮込みカレー 890円
しゃきしゃきレタスとハーブ鶏カレー 890円 ほうれん草と小松菜のカレー 890円

ごはん大盛り 無料 マウンテン盛り(野菜2倍) +300円 辛さアップ +20円(1段階ごと)

鶏手羽先煮込み(2本) 150円 温泉卵 100円



このページのURL:
http://www.totteoki.jp/shibuya/camp.htm


2008・9