渋谷区神泉町13-13
ヒルズ渋谷B1
03-3780-6268

12:00〜14:00
18:00〜21:30
月休
地図はここ

山手通りから松濤方面へ、細い井道を斜めに入った
場所にあるビルの地下。

以前から通りかかるたびになにか飲食店のようだな、
とは思っていましたが、中国料理の店だとはずっと
わかりませんでした。

急な階段を降り、飲食店の入口らしからぬ金属の扉を
開けると、そこには大きなカウンターが。
カウンターが少し高めに位置するのに対し、カウンター
内部の厨房は低め。そしてテーブル席はカウンターに
向かって左側、玄関を入ってすぐ左に振り向くような
感じの場所にテーブルが並んでいます。

名物は麻婆豆腐のようです。

ランチは土鍋に入れたごはんに麻婆豆腐をかけて
さらにあつあつに加熱した土鍋麻婆御飯が定番の
メニュー。周囲を見ていると、けっこう高い割合で
選ばれています。

食べた最初の印象は、ケチャップが入っているのでは
ないかと思ってしまうほどの甘みの強さ。その後、強い
塩味が唇に刺激を与えます。

一方で辛味、とくに山椒の味はあまり感じられず、
本場の麻婆とは少々一線を画す独自路線のよう。

山椒は、別添えでペッパーミルに入って出てきますが
このミルはデザインはいいものの、出るのは皮が多め。
浅草「やげん堀」の山椒を袋のまま出しておいた方が
いいのではないかと個人的には思ってしまいます。

一方、日替わりのランチは1,580円。
最初に行ったときにこのランチを頼んでみたのですが、
キクラゲと春雨の炒め物、しいたけ肉詰めの衣揚げ、
鶏の蒸し物、冷菜4種盛りにごはんとスープ。

このなかではしいたけ肉詰めが印象に残りました。
椎茸の傘の下の部分に、鶏肉などをペースト状に
したものを詰め、厚めの衣で包んで揚げたもの。
さっくりした食感がよく、しいたけのほのかな香りと
さっぱりした味わいが上品でした。

一方でキクラゲと春雨の炒めものは少々迫力不足と
言ったらいいでしょうか、いまひとつメインにするには
素材の力が足りない組み合わせに見えてしまいます。

とはいえ日替わりですから、日によって当たり外れが
あるのは当然。あまり単品にこだわってはいけないの
かもしれません。


麻婆豆腐御飯を含めて、それぞれのランチに
冷菜4種盛りが付くなど、ちょっとおしゃれな中国料理。

神泉の近くにいるとき、“こんな店も知っているんだよ”
とひとを案内して、隠れ家的に使うにはいいでしょう。




細い階段から地下へ
隠れ家的といえば隠れ家的



ぐつぐついいながら運ばれてくる
麻婆豆腐御飯
前菜4種盛りが付く


この日の日替わりメニュー



印象的だった
しいたけの肉詰めの衣揚げ



キクラゲと春雨の炒め物


【ランチ】 日替わり 1,580円 麻婆豆腐御飯 900円
ランチコース(土日祝) 3,500円 飲茶セット(土日祝) 2,800円

おまかせコース 7,350円
本場四川風火鍋コース 5,000円〜 白菜鍋コース(11月〜3月) 5,000円〜
杏仁豆腐 800円 ココナッツゼリー 800円 仙草ゼリー 800円




このページのURL:
http://www.totteoki.jp/shibuya/bunlin.htm


2006・6