渋谷とっておき!!ホーム 渋谷区道玄坂2-25-9
ロマネビル2F

閉店しています

大きな地図で表示




閉店しています。


「ミス・サイゴン」の姉妹店ということで、こっちが「姉」。

東急本店前の三叉路に面した、少々おどろおどろしい
ビルの2階。以前からその存在は知っていたのですが
そのおどろおどろしさに気が引けてしまい、これまで
入ることができませんでした。

店内もまた、歴史を感じさせる雰囲気。
ミス・サイゴンが、安い喫茶店風の、ある種殺風景な
内装なのに対し、この店は簡素な中にも壺だの絵画
だのが飾られ、異国情緒を醸しだそうという意図が
感じられます。

また、「ミス・サイゴン」がスタッフ全員がベトナム人で
あるのに対し、こちらの店を仕切るのは日本人男性
だったりと、姉妹店といえども歴史や微妙な違いが
感じられ興味深いものがあります。

とはいえ、料理そのものはほとんど違いを感じない
ほど同じで、現地そのままの味。
生春巻や揚げ春巻、バインセオなどの定番メニューは
「ミス・サイゴン」とほぼ同じですので、説明はそちらを
ご覧いただくとして、それ以外の料理を紹介しましょう。

まず「バター風味の鶏のフライ」は、ぼってりした衣が
まんべんなく覆う、いわゆるフリッターのような感じの
揚げかた。

日本でも天ぷらの衣は南に行くほどぼってりしていく
傾向にあり、沖縄でいう天ぷらはこの唐揚げのように
ぼってりとしたフリッターのような感じ。
食感もやはりちょっとぼってりした感じはあるものの、
味もしっかりしていて「333」(ベトナム産ビール)の
おつまみに最適。

「トマトと豆腐のスープ」もまた甘酸っぱくてなおかつ
うま味がしっかり。力のある単品です。

また、牛肉を乗せたコメのそうめん「ブン・ボー」は
ハノイなど北部の料理。少量のたれを絡ませるように
混ぜ合わせると甘辛い味が全体に広がり、サラダの
ような雰囲気にうまくまとめあげられています。

なにを頼んでも破綻のない味で、現地で食べている
かのような安定した料理ばかりです。


ただし、別の日のランチで食べた
「ブン・ボー・フエ」だけはよくありませんでした。

本場がそうめんのような透き通った色の麺に対し、
この店のものはスパゲッティのような円筒状の麺。
味もすっきりしたスープにさわやかな辛さが漂う本場に
対し、甘ったるいチリソースのような辛さがスープに
よどんでいます。

本場の「ブン・ボー・フエ」を食べた私としては、これは
もう“なんちゃってブン・ボー・フエ”と名付けてしまい
たいくらい似て非なるもの。

かつて西ドイツ(当時)のハンブルクで入った日本料理
店の“なんちゃって日本料理”のひどさに唖然とし、
しかもその店が朝鮮人の経営だったと知って愕然と
なった、という過去の体験を思い出してしまいました。

ほかのすべての料理がおいしかっただけに、この
ブン・ボー・フエだけが残念でなりません。


とはいえ、「ミス・サイゴン」の姉妹店。
繰り返しになりますが、 なにを頼んでも破綻のない
素晴らしい味の料理の店。

ぜひ一度、このお店か「ミス・サイゴン」のどちらかに
行ってみることを強くお勧めします。





店内は歴史を感じさせる雰囲気


やはりここの生春巻きも
巻き方はきっちり


フリッターのような
「バター風味の鶏のフライ」



「トマトと豆腐のスープ」


牛肉などが乗ったそうめん
「ブン・ボー」


本場のものとは似て非なる
ブンボー・フエ



ゴイ・クオン(生春巻き) 787円 スォン ヌォング(スペアリブ) 892円 ファ ラウ(ガツ炒め) 787円
チャー ジョ(揚げ春巻き) 840円 ガ チェン ボー(バター風味の鶏肉フライ) 892円
バイン セオ(お好み焼き) 1,260円 カイン ダウ フー カ チュア(トマトと豆腐のスープ) 787円
コム チェン(焼飯) 892円 フォー ボー(牛肉) 997円 ブン ボー フエ 997円 ブン ボー 892円


このページのURL:
http://www.totteoki.jp/shibuya/bougainvillea.htm


2006・4