トップ

 

幻の線路を走る。 2008年
3月 16日(日)



きのう、東京メトロと小田急のダイヤ改正がありました。



今回の改正の目玉は、なんといっても新型ロマンスカーが
地下鉄路線内に乗り入れること。

有料の特急列車が地下鉄線内を走るなんて、
日本の鉄道史上初めてのことです。


しかし、もっと驚くべきことが今回の相互乗り入れにはありました。

それは、「幻の線路」をロマンスカーが走ってしまうこと



下の図をごらんください。




今回のダイヤ改正から運行されるロマンスカーは、
多くが小田急線から東京メトロ千代田線に入り、
表参道・霞が関・大手町を経由して北千住まで運行されます。

これは自体は何の不思議もありません。
小田急線と千代田線の間はもともと相互乗り入れがあり、
線路はちゃんとつながっているのですから。



ところが、問題はその下の黄土色の路線。


いったん千代田線に入ったロマンスカーは途中から有楽町線に入り、
豊洲を経由して新木場まで行くというのです。



どうやって千代田線から有楽町線に入っていくと言うのでしょうか。



上の図は、霞が関付近の東京メトロ路線図です。


緑色の千代田線と、黄土色の有楽町線はまったくつながっていません。




ところが実は、このふたつの地下鉄の間には、
これまで公にされてこなかった
幻の線路があるのです。




それは、これ。




上の図はその2線のつながり方をだいたいの感じで示したものですが、
有楽町線桜田門駅から池袋方向に向かう線路が分岐し、
大きなカーブを描いて千代田線の霞が関駅の手前に合流していきます。

地図にはない、まさに幻の線路なのです。


これはもともと、有楽町線の車両を千代田線の綾瀬車両基地に
移動させるために作られたもの。
開業当初の有楽町線は車両基地がなかったため、この線を使って
整備点検を行っていたのだそうです。

しかし「枝線」と呼ばれるこうした線路は、これまで決して
公表されることはなく、その存在すら公式に認められてはいませんでした。
鉄道マニアの間で噂としてささやかれている程度だったのです。


それが、年に28回だけの臨時列車とはいえ、正規の路線として
いきなり表舞台に登場し、しかもロマンスカーが走るというのですから驚きです。


隠されてきた幻の線路。

ぜひ一度、ロマンスカーに乗って通ってみたいものですね。



この文章へのリンク
http://www.totteoki.jp/negoto/negoto2007wn.htm#20080316


感想はこちら

トップに戻る

 

ミンション? 2008年
3月 15日(土)



房総半島・館山市で見つけました。



民宿です。

体育館完備、と書いてありますから大学生むけなのでしょう。


気になったのは、ここ。



ミンション。


まさか洋風旅館がペンションだから、洋風民宿はミンションとか…。



すごすぎる造語能力です。


この文章へのリンク
http://www.totteoki.jp/negoto/negoto2007wn.htm#20080315


感想はこちら

トップに戻る

 

副都心線見学ツアー。 2008年
2月 24日(日)




先日、今年6月14日に開業する東京メトロ副都心線
渋谷駅建設現場を見学することができました。



驚いたことに、池袋-渋谷の全線ですでに試運転が始まっていて、
明治通りの下はもう電車が走っていました。




この写真は、東急文化会館跡地から見た渋谷駅方面。

ここに副都心線渋谷駅の建設事務所が置かれ、工事が進められています。




上の写真は、見学前にレクチャーしていただいた際の画面。

現在の渋谷駅の東、明治通りの真下に駅を作っています。


今回の見学会は、「渋谷とっておき!!」のオフ会の常連さんに、
この建設に携わっているかたがいらっしゃったために実現したもの。

最近になってそういうお仕事だというのを知り、
「見学はいつでもどうぞ」というお言葉に甘えて今回の見学会となりました。



参加者は13人。
みんなヘルメットをかぶり、地下に潜っていきます。




頭上にあるのは、半蔵門線のトンネル。


半蔵門線の躯体を新たな柱で支えた上で、その下を掘り進んで行ったとのこと。

そんなことできるんだ、と感心しながらただただ「すごいなぁ」の連発です。


しかし今回の見学で驚いたのは、新しい渋谷駅が半分ずつで分割され、
それぞれ別の設計で建設されていたこと。



東京メトロ副都心線は、将来的に東急東横線と相互乗り入れをすることになります。
そのため新しい渋谷駅も駅の中心を境に東京メトロと東急電鉄が別々に
建設するんだそうです。


その、東急側の渋谷駅は、けっこう斬新なデザインの駅でした。



上下の写真は地下一階から見た吹き抜け。



足場が組まれていて下の方が見えませんが、
ここからホームまで吹き抜けとなっていて、電車が走る姿が見えるようになるそうです。


さらにこの駅、地上に向けても大きな吹き抜けがあります。



写真は、同じ地下一階から地上を見上げたところ。

東急文化会館跡地に向けてぽっかりと空間があいています。


上から見ると、こう。




この駅を設計したのは、安藤忠雄。
「自然との共生」をテーマにこういう吹き抜けが取り入れられたそうです。


しかしこんなに巨大な吹き抜けがあって、空調はどうなるのでしょうか…。


そして、もうひとつ安藤忠雄がこだわったというのが、これ。



エスカレーターの部分が、何やら繭のような形で覆われています。



これは「地宙船デザイン」と言って、地下構造物のなかに
大きな繭のような形の空間を作るもの。

実際できあがったらどういう感じの空間になるかわかりませんが、
なんとなくイメージ先行で終わりそうな気が…。


さて、私たちはさらに下に潜り、ホームのある階へ。





すると、ちょうど試運転の電車がホームに入ってきました。




東京メトロ7000系という車両です。
有楽町線をずっと走ってきた、結構古いタイプのものです。



線路はすでに完成し、試運転はずっと行われているとのこと。
メトロの車両だけでなく、西武や東武の車両も入ってきているそうです。


しばらく停車したのち、列車は折り返して池袋方面に帰っていきました。



…いまこの写真を見て気づいたのですが、この列車、右側通行で走っていっています。

大丈夫なのでしょうか。


下の写真には、右側にのびる待機線が写っています。



東横線からの折り返しに使われるのでしょう。

                                        (あとで聞いたら整備用の車両の待機場所ということでした)



駅のホームはこんな感じ。



島式ホーム2面4線ですが、内側の2線は6月の開業の際には使われないとのこと。
架線もありませんから、東横線とつながってはじめて使われるのでしょう。


ということで、見学会は大興奮のうちに終了。
みんな、少年少女のように目をキラキラさせていました。


普通の生活では決して会うことがない人と出会えることこそ
オフ会の醍醐味なのですが、そのおかげで今回は貴重な体験を
させていただきました。デューク澁澤さん、ありがとうございました。



副都心線との相互乗り入れが始まったらなくなってしまう東横線渋谷駅。

この跡地を中心に、渋谷はまた大きく変わっていくそうです。



この文章へのリンク
http://www.totteoki.jp/negoto/negoto2007wn.htm#20080224


感想はこちら

トップに戻る

 

どんなクリニック? 2008年
2月 11日(月)




房総半島、館山市で見つけました。





「亀田ファミリー クリニック」。



…ボコボコにされて帰ってきたりして。


この文章へのリンク
http://www.totteoki.jp/negoto/negoto2007wn.htm#20080211


感想はこちら

トップに戻る

 

咲いた。 2008年
2月 7日(木)



代々木公園わきの街路樹で見つけました。




枝の先の、白いひと粒。





梅の花です。


一日一日、少しずつ日が長くなっていくことに気づいたのでしょう。

冬至からすれば、もう一日2時間も昼の長さがのびているのですから。



寒い日が続いていても、春はそこまでやってきています。




この文章へのリンク
http://www.totteoki.jp/negoto/negoto2007wn.htm#20080207


感想はこちら

トップに戻る

 

快適? 2008年
1月 24日(木)



伊勢丹新宿店で見つけました。




「快適大空間 ぷちハウジング」だそうです。

いわゆるドールハウスの一種でしょうか。

中をのぞいてみると…。




あらま。

小さなキッチンの横に巨大な冷蔵庫が陣取り、
残ったスペースにぎゅうぎゅうに押し込まれた食卓と食器棚。

これじゃ室内を歩くのも苦労しそう。
団地の生活そのままです。




身につまされるようなミニチュアハウス。





これで「快適大空間」とは、悪い冗談としか思えません。





この文章へのリンク
http://www.totteoki.jp/negoto/negoto2007wn.htm#20080124


感想はこちら

トップに戻る

 

奇問難問。 2008年
1月 22日(火)





【問1】(20点)

下のふたつの写真、どっちのほうがヘンですか?





(イ)








(ロ)





この文章へのリンク
http://www.totteoki.jp/negoto/negoto2007wn.htm#20080122


感想はこちら

トップに戻る


 

ニャポリタン再び。 2008年
1月 21日(月)




まさかもう一度、別の場所で会おうとは…。






ニャポリタンです。

正直、目を疑いました。


この不思議なオブジェ、以前会ったときは大江戸線東新宿駅付近、
新宿文化センターの並びの喫茶店にいたはずです。


それがいきなり新宿5丁目、パークシティ伊勢丹(立体駐車場)の
裏あたりの喫茶店に飛んできていたのですから、びっくりです。




調べてみると、実は以前と今回のふたつの喫茶店は
1号店・2号店の関係とのこと。


この象徴的なオブジェを、ふたつの店で融通しあっているのでしょうか。



しかし、率直に言ってあまり気持ちのいいものではないので、
あっちこっちに動かさないでほしいんですけど…。



この文章へのリンク
http://www.totteoki.jp/negoto/negoto2007wn.htm#20080121


感想はこちら

トップに戻る

 

それも“肉”だけど。 2008年
1月 11日(金)




新大久保で見つけました。





民家風の小さな朝鮮料理のお店です。


ところが、看板をよく見ると…。





「三段腹」っていったい…。





三枚肉(豚バラ)と書きたかったのでしょうが、
店の前で思わず足を止め、自分のお腹をさすってしまいそうです。



この文章へのリンク
http://www.totteoki.jp/negoto/negoto2007wn.htm#20080111


感想はこちら

トップに戻る


 

冬のうさぎ。 2008年
1月 10日(木)



代々木公園のうさぎに、久しぶりに会えました。

↓下の画像をクリック。



ちょっと人間に対する警戒心が増したのでしょうか。
以前のように近寄ってきてはくれません。



実はこのうさぎ、去年11月にも見かけていました。





このとき、悩みました。


これから寒くなっていくなかで、この子ははたして生きていけるだろうか、と。

このまま連れて帰り、我が家の一員として飼ってあげようかと。


でも、連れて帰らなくて正解だったということなのでしょう。





私は、この捨てうさぎをネタにして「飼い主の責任が、モラルが」だなんて
ネット上で他人を非難するような偽善者ではありません。
そんなことは無意味です。


そんな小学校の学級会レベルの話をするくらいだったら、
このうさぎを家に連れて帰り、飼ってあげたいと考える人間です。


私にとっては、目の前にあるこの小さな命こそが問題。



しかし、元気そうでよかった。


このまま無事に冬を越してくれるといいのですが。



この文章へのリンク
http://www.totteoki.jp/negoto/negoto2007wn.htm#20080110


感想はこちら

トップに戻る

 

ゴーヤー玉子。 2007年
12月 2日(日)




近所のスーパーで見つけました。





「ゴーヤー玉子」

「CookDo!」のような、いわゆる合わせ調味料のようです。




しかしよく見ると…。





ゴーヤーと玉子だけでゴーヤー玉子。



…あたりまえじゃん。


材料名を並べただけじゃ、どんな味かはわかりません。


もうちょっと芸のある料理名にできなかったものでしょうか。


この文章へのリンク
http://www.totteoki.jp/negoto/negoto2007wn.htm#20071220


感想はこちら

トップに戻る



デパート実況中継。 2007年
12月 13日(木)




西武百貨店池袋店の地下食料品売り場。


ここで、興味深い人を見かけました。




写真のいちばん右に立っている女性です。




この制服姿の女性、ヘッドセットをつけて店内を歩き回っています。

しかも、しゃべりながら。


なんと彼女のしゃべりは、そのまま館内放送に流れていました。

音量控えめなので、ちょっと聞いただけではわかりにくいのですが、
「さて、地下一階の○○精肉店ではいま、△△牛のロース肉が
時間限定のサービスとなっています。また、□□豚のバラも…」と
いった感じ。

つまり彼女は西武百貨店の食品売り場をまわり、
各店舗のお買い得品を実況中継してくれているのです。


ただ、いってみればこれ、よくスーパーの館内放送で
「へいいらっしゃい、きょうは卵がひとパック120円!バナナが…」と
ダミ声でがなりたてるのとやっていることはたいして変わりません。


音量を控えめにして音質を良くし、しゃべりも品よくして
百貨店の品位を保ってはいます。

しかし、わざわざ専門のリポーター(?)を使い、館内放送で
お買い得品を実況中継するなんて、百貨店も変わったものです。






…ほかの百貨店にもいるのでしょうか?こういうひと。



この文章へのリンク
http://www.totteoki.jp/negoto/negoto2007wn.htm#20071213


感想はこちら

トップに戻る



けったいなメニュー。 2007年
12月 4日(火)




ウチの会社の食堂はときどき、
けったいなメニューを世に問うてきます。


最近の極めつけは、これ。




「目玉焼き入り野菜スープ」だそうで。


いったい、どういう発想をしたらこういうメニューができあがるのか…。



「うーん、限られた予算で、ヘルシーかつ栄養の高いものを作りたいんだよねぇ。」

「じゃあ野菜スープに卵を入れてみたら?」

「卵はたしかに栄養があっていいよな。
 でも、溶き卵じゃ均一にならないし、かき混ぜ続けないといけない…。」

「生卵をスープに落としたらつぶれやすいか。」

「ゆで卵じゃ作るのに時間がかかるし、第一、殻をむくのが面倒ですよねぇ。」

「そうだ、目玉焼きなんかどうっすか?
 目玉焼きだったらいっぺんに作れるし、ひとりに一つずつ切り分けられる。」

「おお、それはいい。あしたはこれで決まりだ。」



とまあ、こうした会話が行われ、このメニューは生まれたのでしょう。(あくまで推測)






…しかし、どうやって食えっちゅうんじゃい、このスープ。



この文章へのリンク
http://www.totteoki.jp/negoto/negoto2007wn.htm#20071204


感想はこちら

トップに戻る



ヘルシー。 2007年
12月 2日(日)




ある店のメニューです。


ヘルシーハンバーグだそうです。





300グラムも食わせておいて、ヘルシーもくそもなかろうに…。


しかも大盛りライス付き…。



この文章へのリンク
http://www.totteoki.jp/negoto/negoto2007wn.htm#20071202


感想はこちら

トップに戻る